巨大な大仏「牛久大仏」を見に行ってみた

3月上旬の少し春めいてきた頃、
巨大な大仏で知られる「牛久大仏」を見に、茨城県牛久市を訪れました。

高速道路を利用し、目的地近くの牛久阿見IC(圏央道)で降りると、すぐにその”存在”を確認できました。

進○の巨人?

デカすぎる牛久大仏

目的地へ近づくにつれ、大きくなるその”存在”に圧倒されつつ、無事到着しました。
それにしても、デカい。

遠近法無視

早速、受付で拝観料を支払い、園内へ入場します。

牛久大仏は全長120メートルもあり、「世界一の大きさのブロンズ製仏像」として
ギネス世界記録に認定されたとのこと。

牛久大仏の近くまで行ってみると、よりその大きさを体感できます。

首が痛い

牛久大仏は胎内に入ることもでき、牛久大仏のちょうど胸の位置には展望台もあります。
せっかくなので胎内に入ってみました。

牛久大仏の胎内へ

牛久大仏の足元に胎内への入口があり、そこで靴を脱いで入ります。
そして、胎内へ入ると幻想的な空間が広がっています。

そこから少し先へ進むと、牛久大仏に関する資料や写真が展示されています。

資料や写真を眺めつつ、先へ進んでいくとエレベーターがあり、展望台まで登ることができます。
地上85メートルの展望台では、東西南北、景色を一望できます。

そのほか、胎内では写経体験もできます。

左利きあるある「小筆が苦手」

お猿さんのステージ

胎内を出ると、ちょうどお猿さんのステージの時間だったので覗いてみました。

お猿の「ぽんず」ちゃん

「ぽんず」ちゃんは玉乗りや竹馬、スケートボードなど
アクロバティックな芸をたくさん見せてくれました。

助走をつけて…
ジャンプ!!
ビッタビタの着地!!

おわりに

今回は「牛久大仏」をご紹介しました。
4月には、園内で桜や芝桜も楽しめるそうなので
是非訪れてみてはいかがでしょうか。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。