KCON 2022 Premiereに参戦!~世界最大級の韓国カルチャーフェスティバル、3年ぶりに日本でのオフライン開催~

先日、世界最大級の韓国カルチャーフェスティバル「KCON 2022 Premiere」に参戦してきました。
ここ最近で1番楽しかったライブだったので、ぜひ共有させてください!

KCON 2022 Premiereとは

「KCON 」とは、韓国の音楽(K-POP)・ビューティー・ファッション・フード・ドラマなどの韓流文化コンテンツが体験できるコンベンションとコンサートが融合されたK-Cultureフェスティバルである。

今回は韓国、日本、アメリカで開催され、日本は5/14、15の2日間でした。また、日本でのオフライン開催は約3年ぶりだそうです。
私自身は、コロナ渦で韓国カルチャーに興味を持ち始めたので今回が初めての参加でした。

イベントの内容としては、メインとなるライブの他に、出演グループのトークショーがあったり、限定ドリンクや韓国コスメが購入できるブースなどがありました。
特に韓国カルチャーを感じたのは、トークショーで自由にメンバーの写真を撮ってよかったところです。日本では制約が厳しいことが多いので、なかなかこのような機会はないのですが、メンバーがこちらに向かって手を振ってくれたところを動画に収めることができたのがいい思い出になりました。

KCON 2022 Premiere in Japanの出演者

今回の出演者は、過去にブログで少し触れたことがあるのですが、PRODUCE101JAPANというオーディション番組にて結成されたグループと、オーディションに脱落してしまったメンバーで新しく結成されたグループが主になっていました。
元々オーディション番組はすべて見ていたので全員知っているメンバーだし、なんだか同窓会のような懐かしい気持ちになりました。

いざライブ開演!

会場は幕張メッセで、座席の位置によっては非常に見えづらいとの話を聞いていたので不安だったのですが、運よく2日間ともとても見やすい席でした!
出演メンバーを近くで見ることができたので、とても満足感が高かったです。

ライブの大まかな構成としては、各グループが持ち曲を披露、K-POPカバーのパフォーマンス、最後に全グループが出てきてフィナーレというような流れでした。
その中でも特に私の心に残っているのがK-POPカバーのパフォーマンスです。

私が応援しているのはINIというグループで、ダンス、歌、ラップ全てが強みだといえるようなパフォーマンス力があります。
今回のK-POPカバーではダンスメインのアップテンポな曲(EXO の「Growl」)、歌とラップがメインのバラード曲(BTOBの「Missing you」)の2曲を披露しており、それぞれ全く印象の異なるグループの顔を見せてくれました。

KCONでは5グループそれぞれのファンが集まっているので、当然グループによって興味の差があったと思うのですが、バラード曲が始まった時にはどのグループのファンでも関係なく会場全体が圧倒されたのを肌で感じました。
選曲もメンバーたちで決めたようで、デビューしてからまだ半年なのに自分たちの魅せ方、新しいファンの掴み方をとてもよく理解しているのがすごいなと思いました。

こちらでライブのハイライトが見れるので興味がある方はご覧になってください。

まとめ

今回初めてKCONに参加して、自分の応援しているグループの成長を知ることができたり、別グループの魅力も知ることができました。
私は、KCONに出演していたOWVというグループにもライブ以降興味を持ったので、早速来月イベントに参加することにしました。
また、今回出演していた5グループは全て吉本興業関連の事務所なので、KCONでなくともカウントダウンコンサートのような合同ライブを今後もやってくれたらなあと期待しています。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。