5G LABを体験してみた

2021年上半期最も熱く盛り上がったもの、それは…

\\PRODUCE101JAPAN SEASON2//

今回は、このPRODUCE101JAPAN SEASON2を通して利用することになった「5G LAB」アプリについてブログを書いてみたいと思います。

PRODUCE101JAPAN SEASON2とは

PRODUCE101JAPAN SEASON2(以下「日プ2」という)とは、視聴者による国民投票で勝ち残ったメンバーがデビューすることのできるサバイバルオーディション番組です。
最初の選考を通過した101名の練習生からスタートし、様々なミッションを通して最終的に選ばれた11名でデビューすることになります。

SEASON2とあるように、2019年にも一度開催されているオーディション番組なのですが、今回はコロナ禍ということもあり前回よりもデジタルメディアを駆使したコンテンツが強化されていました。
そのコンテンツの一つとして、「5G LAB」が活用されていました。

5G LABとは

5G LABとは、2020年3月27日から始まった5G体験スマホアプリで、音楽ライブやスポーツなどを5G時代ならではの圧倒的な臨場感で体験することができます。
5G LABは4つのサービスで構成されていますが、そのうち私が利用した3つを紹介します。

  • AR SQUARE
    「憧れのあの人が、目の前に。実在する風景に映像を重ねた拡張現実。まったく新しい楽しみ方を」
  • VR SQUARE
    「目の前に迫る圧倒的な臨場感。お気に入りのLIVEを自分だけの特等席で」
  • FR SQUARE
    「観客席を自由に移動。あらゆる角度をカメラで捉え、視点を自由に切り替えられる。自分の好きなシーンを好きな場所から」

AR SQUARE

AR SQUAREでは、好きなアイドルやキャラクターなどをスマホのカメラを通して出現させ、現実の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影することができます。

日プ2では練習生とのハイタッチやサイン会を体験できるコンテンツを配信しており、バーチャルながらも練習生と対面しているような気分を味わえました。
また、ハイタッチやサイン会は非常に倍率が高いイベントなので、このようなコンテンツがあればより多くのファンが参加できるようになるというのもメリットの一つです。

VR SQUARE

VR SQUAREでは、音楽ライブやスポーツの試合を特等席から見ているような体験ができます。

練習生たちのパフォーマンスを迫力のあるVR映像で見ることができるため、まるで最前列でライブに参加しているかのような体験ができました。
席が悪くてステージの半分が見切れている・・・というような悲劇はもう起こりません!
また、このVR SQUAREではVRゴーグルを装着することで3Dで視聴することができるようです。私も今度100均で購入してみようかと思います。

FR SQUARE

FR SQUAREでは、好きな視点で、お気に入りメンバーだけを選んで視聴することができます。

自分の推している練習生だけが映されている映像を視聴できるので、日プ2の番組本編では確認できなかった箇所をすべて逃さず見ることができました。
オフラインのライブに参加した時は推しの姿をロックオンして見ている、というようなファンも多いかと思いますが、オンラインでもそれを実現することができるようになります。

まとめ

今回、日プ2を通して「5G LAB」アプリを使ってみたわけですが、コロナ禍でのエンタメの在り方について改めて考えさせられました。
今は気軽にライブを開催することができない状況ですが、デジタルコンテンツを使用すれば限りなく本物に近いエンタメを体験できるようになるのではないかと感じています。
今後5Gが主流になったときエンタメ界にどのような風が吹くのか楽しみです。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です