Androidアプリ初学者がデザインを速習したお話

webアプリエンジニアがAndroidアプリの製造を行うことになり
Androidアプリのデザインの知識を0から1にする必要があったのでその際に行ったことをまとめます。

Androidのアプリをひたすら触る

私はもともとiPhoneユーザーだったので、
どちらかというとiPhoneアプリのデザインに頭が慣れていました。
その感覚をAndroidに近づけるために、あまり使用していなかったAndroidを出してきて、
普段使用しているアプリをとりあえずインストールし使用してみました。
すると頭がだんだんAndroidアプリのデザインに慣れてきてデザインを考える時に
Androidならこうなるのかな?と想像がつくようになります。

 

Android developersのユーザー インターフェースとナビゲーションの項を読む

公式ページにはアプリケーションのデザインについても言及されています。
この記述を一通り読んだ後に製造を行うと、基本的にはこうあるべきということがわかったり、ここにはこのUIが使えることに気づけるようになります。

Material Designガイドを読む

公式ページにもあるとおりAndroidアプリのデザインの主流は、
Material Designの考え方を使用しています。
そのためMaterial Designガイドを参考にすることでより理解が深まります。
デザインの概要やコンポーネントの使用方法に加え、
チュートリアルもあるので大変参考になります。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です