郵便番号を入力すると住所が自動入力されるJavaScriptのライブラリの紹介

今回は、Webアプリケーションの入力フォームで、郵便番号を入力しただけで住所が自動入力されるJavaScriptのライブラリをご紹介したいと思います。

ライブラリの名前は、yubinbangoです。そのままですね。もともとはajaxzip3という名前で、今でもajaxzip3を使用できるらしいんですが、新規で設置する際は、yubinbangoを使用することが推奨されています。
下記がyubinbangoのURLになります。

https://github.com/yubinbango/yubinbango

基本的には、HTMLのコードにクラスを指定するだけという簡単なものになります。現に私もプライベートで開発する際に試してみたのですが、結構簡単に実装できました。下記が、実際に私が記載したソースコードになります。

 

 

重要なのは、「onKeyUp」の部分と各クラスに記載されている「p-」から始まるクラス名です。これらを加えることによって住所の自動入力を実現できます。

私自身そんなにJavaScriptに強くないのですが、実際に実装してみるとすごく簡単に実現できたのでおすすめのライブラリです。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です