LaravelにおけるModelクラスの扱い方

はじめに

今回はLaravelのModelクラスの役割とModelクラスを利用したデータの取得例をご紹介したいと思います。

環境

・Laravel:5.5

・MySQL:5.7.23

前提条件

・データベースにテーブルとカラムが作成済みであること

・データが挿入されていること

今回参照するテーブル

テーブル名:users

Modelとは

LaravelにおけるModelクラスは、主にデータベースとの連携を行う役割を担います。基本的には1テーブルにつき1Modelクラスです。

Modelクラスでは、Eloquent ORMを使用するので少ないソースコードで簡単にデータを扱うことができます。
さらに詳しくお知りになりたい方は下記URLをご参照ください

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/eloquent.html

設定

.envファイルにデータベースの情報を記載

まずは使用しているデータベースの情報を.envファイルに記載します。
(例)私の場合は、MySQLを使用しているのでDB_CONNECTIONにはmysqlを記載。

 

実装

1. コマンドを実行してModelクラスを作成

下記コマンドを実行してModelクラスを作成します。

出来上がったModelクラスがこちらになります。

 

2. ContollerクラスでModelクラスを呼び出し

実は、上記のModelクラスを作成して、ControllerクラスでModelクラスを下記のように呼び出すだけでもうデータが取得できちゃいます。

まとめ

Laravelでは、上記のようにModelクラスを作成するだけでデータの取得ができるので、開発する人たちにとってすごくありがたいフレームワークです。ほかにも、データを一件だけ取得したり、取得するデータのカラムを限定することもできるので、興味のある方は下記URLをご参照ください。

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/eloquent.html

以上です。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です