Amazon Linux 2 で Spring Boot 2を起動してみる

はじめに

Amazon Linux 2でSpring Bootをアプリケーションとして登録して起動できるようにしてみました。基本的には公式のドキュメントをそのまま実施しています。

前提

  • AmazonLinux2にJDK導入済み
  • Gradle
  • SpringBoot2

Gradleの設定

サービスとして登録できるようにするための設定を加えます。

bootJar {
    launchScript()
}

jarファイルの生成

以下のコマンドを実施すると./build/libsにjarファイルが生成されます。
生成したファイルをAmazonLinux2の任意のフォルダにコピーします。

gradle bootJar

Amazon Linux2にサービスとして登録

サービスの登録方法としてSystem Vとsystemdで方法が異なります。
Amazon Linux 2ではsystemdが採用されているので、systemdにサービスを登録していきます。サービス名.service というファイルを /usr/lib/systemd/system に配置します。

[Unit]
Description=${サービス名}
After=syslog.target

[Service]
User=${起動するユーザ名}
ExecStart=${jarファイルのパス}
SuccessExitStatus=143

[Install]
WantedBy=multi-user.target

 

サービスの起動

変更を加えたのでリロードした後に起動します。

# 変更を加えたのでリロード
systemctl daemon-reload
# サービスの起動
systemctl start ${サービス名}

まとめ

初めてSpringBootを使ったときは自前の起動スクリプトを用意していたりして、大変でした。サービスに登録できる機能があると便利ですね。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。