AWS SESの構築手順

AWSにはメール送信用のサービスがありますので、そちらの構築手順をご紹介します。
AWSでメール送信を行うには、Amazon Simple Email Service(SES)というサービスを利用します。

余談ですが、つい最近AWS SESも東京リージョンに対応致しました。
東京リージョンにシフトする方も少なくはないと思いますので、ここで改めてAWS SESの構築手順を記載しようと思いました。

構築手順は以下となります。

  1. Amazon Simple Email Serviceにアクセスし、Sending Statisticsにアクセスします。
  2. SESはデフォルトでサンドボックスといって、検証されたメールアドレスにしか送信出来ない制限がかけられています。
    そちらを解除するための解除申請を行うため、Request a Sending Limit Increaseボタンをクリックします。
  3. 解除の理由を記載し、申請します。
    バウンス通知とは、不正なメールアドレス等によりメールが送信出来なかった場合等に通知されます。
    この通知が多い場合、SESを利用出来なくなってしまうため何かしらの対策が必要となります。
    (申請が承認されるまで暫く時間がかかります。)
  4. AWS SESの画面に戻り、Domainsにアクセスし、Verify a New Domainボタンをクリックします。
  5. メール送信元となるドメインを入力し、Generate DKIM Settingsにチェックを入れ、Verify This Domainボタンをクリックします。
  6. 送信元のドメインに正当性があることを検証するため、表示されているDNSレコード情報を追加します。
    Route 53を利用している場合はUse Route 53ボタンをクリックするだけでDNSレコード情報を追加できます。
    外部のサービスを利用している場合は、お使いのサービスにDNSレコード情報を追加します。
    (検証が承認されるまで暫く時間がかかります。)
  7. 検証が未だ通っていない場合は以下のように表示されます。
  8. 検証が無事に承認されると、以下のように表示されます。

先程も記載しましたが、バウンス通知の頻度が多い場合、SESを利用出来なくなってしまうので何かしらの対策が必要となります。
どう対策すべきか等は、また別の記事で書かせていただこうと思います。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です