在宅勤務を実施して感じたメリット

はじめに

カサレアルでは新型コロナウイルスの感染予防策として在宅勤務を実施しました。
家で仕事をするようになって様々なメリットがありましたので、
つらつらと書いていこうと思います。

①家事をやるようになった

仕事がひと段落した休憩などで、家事をやる時間が増えました。
洗濯、掃除、夕飯の仕込みなどなど。。。
普段実家暮らしで家事には積極的ではなかったですが、
ちょっとした気分転換をするにはちょうどよかったです。

②体を動かすようになった

在宅だから運動不足になりがちだろうと思っていましたが、
逆に通常出社時よりも運動するようになっていました。
気分転換に筋トレしたり、いつもなら朝の通勤している時間帯にヨガやストレッチしたり。。。
早起きはしたくないですが、朝に体を動かすのは気持ちよかったです。

朝ヨガ

③睡眠時間を多く確保できた

いつも寝ている時間に就寝したとしても、
一時間は長く寝れるので、かなり頭がすっきりしていたように感じました。

④金銭面に余裕ができた

平常時はお弁当や飲み物を買ったりしていましたが、
お昼は昨晩の残り物、飲み物は麦茶作って飲むように自然となっていたので、
お昼代がめちゃくちゃ浮きました。
飲み会も少なくなってしまったのは少し残念ですが、
その分もかなり余裕ができました。

⑤自分の時間が確保できた

私的には一番のメリットです。
勉強・運動に取り組む時間ができたと同時に、
「時間があるからやろう」という思考回路になり、
通勤も無いので心身ともに疲労感も少なく、
自然と意欲が湧いてくるという好循環になっていました。
基本的に勉強も運動も苦手でサボりがちなので、
「時間がある」という余裕は人をここまで変えるのか。。。と感じました。

唯一のデメリット

人と話す機会が少なくなってちょっと寂しい

私が感じた唯一のデメリットです。
会社でデスク周りの人と何気なく話すような会話がなくなって、
業務上の話くらいしかZOOMでやらなくなってしまうため、
人との会話が少なくなって少し寂しい感じがあったような気がします。

まとめ

初めて在宅勤務というものをしましたが、
時間の有効活用ができ、また健康的に過ごすことができたため、
私としてはメリットが多く、非常に有意義であったように感じました。
また、心身ともに余裕があったためか仕事効率も良くなっているように感じました。
この機会に在宅勤務やテレワークの有用性が社会に根付いてほしいです。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です