ElasticsearchとKibanaのコンテナを構築する手順

ログ解析を行うためにElasticsearchとKibanaをDocker上に構築してみました。
※ CentOSでは動かなかったので、今回のOSはUbuntu上のDockerを使用しています

【環境】
OS:Ubuntu 18.04.3 LTS
Docker CE:18.06.3
Docker Compose:1.25.0
Elasticsearch:7.2.1
Kibana:7.2.1

############################################################
## ElasticsearchとKibanaのコンテナ設定&起動
############################################################
# ElasticsearchとKibanaのコンテナ設定編集
$ sudo mkdir -p /srv/ek/
$ cd /srv/ek/
$ sudo vi docker-compose.yml
==================================
version: "3.7"
services:
  elasticsearch:
    image: elasticsearch:7.2.1
    container_name: elasticsearch
    volumes:
      - ".data/elasticsearch:/usr/share/elasticsearch/data"
    ports:
      - "9200:9200"
    environment:
      discovery.type: single-node

  kibana:
    image: kibana:7.2.1
    container_name: kibana
    environment:
      ELASTICSEARCH_URL: http://localhost:9200
    ports:
      - "9201:5601"
==================================

# フォルダ権限変更
$ sudo chmod -R 777 .data

# コンテナ起動
$ sudo docker-compose up -d

# ブラウザで確認
http://xxx.xxx.x.xxx:9201/

以下が表示されれば構築完了。

今後は、Logstashなどを使用して、ログ解析を仕組化して行く予定です。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。