簡単にZabbixコンテナを構築する手順

死活監視ツールであるZabbixの4系バージョンをDocker上に構築してみました。

【環境】
OS:CentOS 7
Docker CE:19.03.3
Docker Compose:1.24.1
Zabbix:4.0.6

############################################################
## Zabbixコンテナ設定&起動
############################################################
# Zabbixコンテナ設定編集
$ mkdir -p /srv/zabbix/
$ cd /srv/zabbix/
$ vi docker-compose.yml
==================================
version: "3.7"
services:
  db:
    container_name: zabbix-db
    image: monitoringartist/zabbix-db-mariadb
    restart: always
    environment:
      MARIADB_USER: zabbix
      MARIADB_PASS: zabbix

  zabbix:
    container_name: zabbix
    image: monitoringartist/dockbix-xxl:latest
    restart: always
    ports:
      - "9003:80"
    links:
      - db:zabbix.db
    environment:
      ZS_DBHost: zabbix.db
      ZS_DBUser: zabbix
      ZS_DBPassword: zabbix
==================================

# Zabbixコンテナ起動
$ docker-compose up -d

# ローカルPCのhostsファイルに設定(「xxx.xxx.x.xxx」の部分はご自身の環境に変更してください)
xxx.xxx.x.xxx local.zabbix.com

# ブラウザで確認(ログインユーザは「Admin」、パスワードは「zabbix」になります)
http://local.zabbix.com:9003/

以前に3系バージョンのZabbix環境をDocker上に構築していたので、今回はハマることなく構築出来ました。
今後、3系バージョンから4系バージョンへ移行する方法や公式のDockerイメージからの構築方法を載せれたらと思います。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。