AWS Summit Tokyo 2019

6/12(水) ~ 6/14(金) の3日間、幕張メッセで開催されておりました、AWS Summit Tokyo 2019 へ行ってまいりました。

AWSのイベントに参加するのは初めてでしたので、非常に楽しみにしておりました。

会場内の雰囲気

こちらは会場全体ですが、ご覧の通りものすごい人の数です。
写真の奥の方(4ヶ所)にスライドが映してありますが、そちらが各セッション会場となっていました。

セッション会場はサイレントセッション(場内にあるレシーバーにイヤホンを挿して聴講する)となっており、各セッションの仕切りもなく、レシーバーから別のセッションの話を聴く事も可能でした。
いくつかのセッションに参加してまいりましたが、セッション会場はこちらだけでなく、12ヶ所で行われていたようです。

ちなみに、私は以下のセッションに参加致しました。

6月12日

  • 基調講演:デジタル変革の最前線で選ばれ続けるクラウドへ~ デジタライゼーション時代のカスタマーサクセス ~
  • AWSでの Operational Excellence ~クラウドで回す監視と運用PDCA
  • AWS環境における脅威検知と対応
  • AWS環境におけるデータ保護の実装
  • AWS Systems Manager 徹底活用 ~エンタープライズのユースケースから~
  • TISが描く将来のセキュリティ×クラウド運用の形~エンタープライズセキュリティ運用が描く未来~
  • 【初級】AWS コスト管理徹底入門

6月13日

  • コンテナ化されたアプリケーションのAWSでの構築・運用指針
  • WindowsシステムをAWSで動かす勘所
  • 【初級】AWS におけるデータベースの選択指針
  • いつからクラウドを活用していると錯覚していた? クラウド戦略をドライブさせるベストプラクティス10
  • サービス責任者が語る Amazon Aurora MySQL/PostgreSQL の詳細と内部構造
  • AWSにおけるクラウドコンプライアンスの実践 ―セキュリティ担当者が理解すべき説明責任のポイント―
  • 【初級】Amazon EC2インスタンスタイプの選び方ガイド
  • 【初級】AWSストレージサービス入門

6月14日

  • AWS アイデンティティサービス : クラウドジャーニーをセキュアに進めるために
  • 備えあれば憂いなし!AWS上のシステム本番稼働前に必ずチェックしたい4つのポイント
  • 【初級】AWSでのJavaアプリケーション開発
  • Amazon RDS におけるパフォーマンス最適化とパフォーマンス管理
  • めざせ!サーバレスプロフェッショナル
  • クラウドネイティブなモダンアプリケーション開発を始めよう!クラウドネイティブ設計とデプロイメントパターン

セッション内容は後日に公開されるようなので、公開後に更新出来ればと思います。

とにかく色々な話を聴きたいと思い、参加するセッションをフルで入れたのですが、休憩を一切考慮していなかったので非常に疲れました。

AWS DeepRacer

こちらは会場内の一枚ですが、AWS DeepRacer のブースが盛り上がっておりました。
詳しくはわかりませんがAWS DeepRacerは、AWSが機械学習の教育向けにレーシングマシンとシミュレーターを使って自律運転モデルを自作し、スピードを競い合うものらしいです。

スポンサー企業

パネルが大きすぎて全体を収める事ができませんでした。

多くのスポンサー企業様がブース出展されており、たくさんのブースを見て回ることができました。
また、いくつかの企業様とは貴重なお話もさせていただくことができました。

今後もAWSのイベント等が開催されましたら、参加していきたいと思います。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です