Intellij IDEAの環境にSpring Boot DevToolsを導入する

はじめに

Intellij IDEAの環境にSpring Boot DevToolsを導入したので、導入方法を紹介します。Spring Boot DevToolsはTomcatを再起動せずにアプリケーションだけを再起動する機能があり、コードの修正、確認のサイクルを速めることができます。

前提

  • Gradle 5.4.1
  • Spring Boot 2.1.6

手順

依存関係の追加

build.gradleファイルに以下の記述を追加します。

 

Intellij IDEAの設定

Build project automatically

SettingsのCompilerを選択し、Build project automaticallyにチェックを入れます。

Registryの設定

“Controll + Shift + a” で表示されるダイアログに “Registry” とタイプし、”compiler.automake.allow.when.app.running” にチェックを入れます。

アプリケーションの再起動

BuildタブのRebuild Projectをクリックします。

※ビルドが実行されて、アプリケーションが再起動されます。

まとめ

Spring Boot DevToolsを使うことで変更の反映が速くできるようになりました。

 

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です