GeneXus 15の新機能 その3 ~部分コミット~

GeneXus 15・GeneXus Server 15の新機能として、部分コミットができるようになりました。

  1. GeneXusのチーム開発パネルのコミットエレメントで「差分」を表示し、コミットしたくないコードにカーソルを移動し、右クリックをします。
    差分を表示後に、右クリック
  2. 複数行のブロック単位でコミット対象外にするには「コミットのブロックを除外」、一行のみコミット対象外にするには「コミット行を除外」を選択し、「保存」操作を行います。
    除外
  3. コミットエレメントが表示され、対象のオブジェクトの行の文字色が青色で表示されます。
    コミット除外設定した後のコミット画面
  4. この状態でこれまでと同じように「コミット」操作を行うと、除外した部分を除いてコミットされます。

追加機能の実装中にリリース済みの機能に不具合が発生した場合に、不具合箇所だけ修正してコミットしたいという時に重宝しそうです。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です