主キーのないテーブルをGeneXusで扱う方法

スクラッチで開発した他システムのDBをGeneXusのシステムから参照する際に、テーブルに主キーが設定されていないというケースがありますが、GeneXusの制約として1テーブルに少なくとも1つの主キーを設定する必要があります。

他システムのテーブルに主キーを追加せずに参照するには、データビューオブジェクトのIndexesエレメントで、一意になり得る項目を主キーのインデックスとして定義します。

データビューのインデックスの設定

これにより、設定した項目をトランザクションオブジェクトでも主キーとして定義できるようになり、通常の主キーの項目属性として扱えるようになります。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です