GeneXusのトランザクションと主キーの関係

GeneXusではトランザクションに主キーの項目属性を1つ以上設定する必要があります。
主キーのないテーブルを作成できるDBMSもありますが、GeneXusでは接続するDBMSの種類に関係なく、主キーのないテーブルは生成できません。

また、トランザクションにレベルを追加した場合にも、各レベルに1つ以上の主キーの項目属性を設定する必要がありますが、トランザクションで定義した主キーの項目属性とは別に、上位のレベルの主キーの項目属性も主キーとして自動的にテーブルに追加されます。

レベルを含むトランザクションオブジェクト

レベルには単一の主キーが設定されているように見えるトランザクションオブジェクト

上図のトランザクションのレベルから生成されたテーブルオブジェクト

主キーが2列あるレベルから生成されたテーブルオブジェクト

このようにレベルの階層が増えるほど、テーブルに主キーのカラムは増えていきます。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です