データベースリバースエンジニアリングの特徴

GeneXusには「データベースリバースエンジニアリング」という技法があります。

データベースリバースエンジニアリングの概要

既にあるテーブル構造を基に、トランザクションやデータビューなどのオブジェクトを生成することを、GeneXusではデータベースリバースエンジニアリングと呼んでいます。
通常のGeneXusの開発はトランザクションオブジェクトからテーブルが生成されますが、この手法は逆の開発フローになります。

用途としては、既存のシステムとのデータ連携やシステム再構築時の初期情報として活用できます。

GeneXus Wiki – データベース リバース エンジニアリング
http://wiki.genexus.jp/hwiki.aspx?カテゴリ%3aデータベース+リバース+エンジニアリング,

データベースリバースエンジニアリングツール

この技法を実施するには、「データベースリバースエンジニアリングツール」を使用します。

GeneXus Wiki  – データベースリバースエンジニアリング ウィザード
http://wiki.genexus.jp/hwiki.aspx?%5bデータベースリバースエンジニアリング%5d+ウィザード

取り込むテーブルの構造
取り込むテーブル構造

生成されたトランザクション
生成されたトランザクション

上図の生成されたトランザクションには5つの項目属性が定義され、一部の項目が外部キーとしても認識されています。

システムの再構築はテーブル構造を見直す良い機会ですが、データベースリバースエンジニアリングを実施してテーブルの構造を変更せずに開発を進めると、DBの移行作業が発生しないという大きなメリットがあります。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です