GeneXusでの必須入力項目の実装

GeneXusの標準機能としては、入力欄を必須入力項目に設定するというプロパティはありません。
項目属性または変数を、必須入力項目であるかのように実装する必要があります。

トランザクション

RulesエレメントにErrorルールとIsEmptyメソッドを使用して実装します。

上記のようにErrorルールにトリガーイベントの指定がない場合、入力欄からカーソルを移動する際にErrorルールが自動的に実行されます。

Webパネル

WebパネルではErrorルールを使用することができません。
代わりにEventsエレメントにて、MessageコマンドとIsEmptyメソッドを使用して実装します。

カーソルの移動時にメッセージを表示することは、下記のようにIsValidイベントを使用することで実現できますが、必須入力項目が多いと煩わしいですね。

なお、WorkWithPlusには必須入力項目に設定するプロパティが用意されており、プロパティを変更するだけで上記のようなコードが自動的に生成されます。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です