Controllerを作成してHTMLの画面を出力してみる(2)

はじめに

前回からの続きです。前回はルーティングの設定を行い、コントローラクラスを作成するところまでいきました。今回は、画面を表示するところまでしてみたいと思います。

html.erbファイル作成

html.erbファイルとは、Rubyのソースコードを埋め込めるHTMLファイルのようなものです。ちなみにerbとは、Embedded Rubyという意味らしいです。英語でEmbeddedは「埋め込み」という意味です。

基本的にはHTMLと変わらないのですが、大きな違いとしてはEmbeddedの言葉通りRubyのソースコードを埋め込める点にあります。

html.erbファイルは\app\viewsフォルダに作成します。小規模なアプリケーションなら、\app\viewsフォルダに直接ファイルを作成してもいいのですが、大規模なアプリケーションになると、機能ごとにフォルダを分けたりして作成したりします。ちなみに今回私は、機能ごとにフォルダを分けていきたいと思います。(今後、機能を拡張していくかもしれないため)

ですのでまずは、taskフォルダを作成し、その直下にindex.html.erbファイルを作成します。(下記参照)

作成したときは何も記載されていないファイルが作成されるだけなので<!DOCTYPE html>等のHTMLに必要なタグの記載をしていきましょう。

今回は「テスト」とHTML側に表示させたいと思います。上記のようにhtml.erbファイルに上記を追加します。

次にControllerクラスにHTML側に「テスト」と表示させるための処理を追加しましょう。
Controllerクラスには以下のように記載します。

HTML側に値を渡すためには@を付けることで渡すことができます。今回は「テスト」と表示させたいので「test」の変数に@を付与し、値には「テスト」と追記しましょう。

以上で実装は完了です。

結果を見てみましょう。以下が実際に表示された画面です。

 

「テスト」が実際に表示されていますね。

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です