GeneXusでの表の段組み

WorkWithがデフォルトで生成する一覧画面のグリッドコントロールは、列や行を結合/分割させることはできません。段組みを実現するには「フリースタイルグリッド」コントロールを使用します。

実装のポイントとしては、タイトル部はフリースタイルグリッドの外側で作成し、タイトル部とデータ部のセルの幅が同じになるように定義します。

フリースタイルグリッドを含むWebFormの画面

ビルド結果です。

表の段組みの例

WorkWithPlusを使用すると、タイトル部とデータ部の幅の定義の管理が1箇所で行うので、Web Formエレメント上で直接作成するより容易に作成できます。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です