Controllerを作成してHTMLの画面を出力してみる(1)

はじめに

前回からの続きです。前回はモデルクラスを作成し、DBにテーブルを作成するところまでいきました。今回はコントローラクラスを作成してみたいと思います。

コントローラクラスの作成

まずはコントローラクラスを作成していきます。下記コマンドでコントローラを作成します。

今回は、taskという名前のコントローラクラスを作成します。
できたクラスの中身を確認してみましょう。下記のような感じで作成されているはずです。

シンプルですね。

メソッドを定義

次に、クラスの中にメソッドを定義しましょう。
今回はタスクの一覧を表示させるためのメソッドを作成しようと考えているのでメソッド名はindexにしたいと思います。下記のように定義しました。

以上でメソッドの定義は完了です。

ルーティングを設定

メソッドが定義出来たら次はルーティングを定義していきます。
Ruby on Railsではルーティングはプロジェクト名\config\routes.rbファイルに定義します。何も手を加えてなければ以下のようになっているはずです。

で、今回はトップ画面にindexメソッドを処理した結果を表示したいので以下のように編集しました。

今回の記事では以上になります。少し記述量が多いので画面側を設定して表示するのは次回の記事に掲載したいと思います。


--------------------------
システム開発のご要望・ご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です