GeneXus 16の新機能 その3 ~ビルドパフォーマンスの向上~

先月日本向けにGeneXus 16 Upgrade 6がリリースされました。
国内では実に5カ月ぶりの新バージョンですね。

GeneXus wikiのGeneXus 16 Upgrade 3以降の更新内容に、下記のような記載があります。

IDE

・ビルドのパフォーマンスを改善しました。

GeneXus 16 Upgrade 3より引用

ビルドパフォーマンス

・並行パターンインスタンス生成 (SAC #43331)
・指定パフォーマンスの改善 (オブジェクト指定の所要時間が数分からわずか数秒に改善)

GeneXus 16 Upgrade 5より引用

ビルド

・様々なパフォーマンスの改善

GeneXus 16 Upgrade 6より引用

最近のリリースでビルドパフォーマンスの向上に力を入れているみたいですので、今回は実際にどの程度向上したのか調べてみました。

環境の準備

GeneXus 16 Upgrade 2 + WorkWithPlus 12.26の環境で4つのトランザクションを作成し、それぞれのトランザクションにWorkWithPlusのパターンを適用。
WorkWithPlusのデザインシステムウィザードでは「Material Pro」を選択し、セキュリティの設定を「なし」に変更した以外は変えずに設定。

上記環境ですべてリビルド後、GeneXusを起動し直して測定。
測定後にGeneXus 16 Upgrade 6で同一のKBを開いてすべてリビルド後、GeneXusを起動し直して測定。

測定方法

純粋なビルド時間を測定するため、DBの再編成が発生しない状態で「すべてリビルド」を実施。
また、リビルドを連続で行うと、2回目の方が早く終わるという経験があるため、2回測定しました。

測定結果

 GeneXus 16 Upgrade 2

  • 1回目:5分3秒
  • 2回目:4分44秒

GeneXus 16 Upgrade 6

  • 1回目:2分26秒
  • 2回目:2分8秒

な、なんと、ビルド時間が半減しています!
驚くべき進化ですね!

まとめ

今回は測定用にサンプルとして作成したKBなのでオブジェクト数が少なかったのですが、実際のプロジェクトではオブジェクト数が非常に多くなるので、ビルド時間の短縮はとても助かります。
旧バージョンで開発しているプロジェクトに、GeneXus 16 Upgrade 6へのアップグレードを提案したいと思います。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です