Ruby on Railsでmigrationを実施してテーブル作成

はじめに

前回からの続きです。今回から少しづつアプリケーションの中身を作成していきたいと思います。まずは、作成したRailsのプロジェクトにまずテーブルを追加したいと思います。そのためにはRailsのMigrationという機能を使います。Migrationは、RailsでDBを扱うための機能です。実際にテーブルを追加したり、カラムを追加、削除したりできます。今回はMigrationを使ってテーブルを作成するところまで記載したいと思います。

モデルクラスの作成

では最初に、モデルクラスを作成していきましょう。Railsにおけるモデルクラスは、簡単に言うとDBとの通信を行うクラスです。ちなみに私は、TODOアプリを作成しようとしていますのでモデル名はTaskにしたいと思います。下記コマンドで作成するのですが、そのときにカラムの情報も一緒に記載します。

モデルクラスを作成することによってmigrationファイルも同時に作成されます。モデルクラスとmigrationファイルを分けて作成する方法もあるのですが、私は一緒に作成する方法を選びました。
migrationファイルの中身はこんな感じです。

migrateコマンド実行

migrationファイルは作成されましたが、まだこの時点ではテーブルは作成されていません。下記のコマンドを実行して初めてテーブルが作成されます。

成功したら、下記のようなログがコンソール上に出力されます。

テーブルを確認

実際にテーブルが作成されたかどうか確認してみましょう。
コンソールに下記コマンドを入力します。

sqlite3に接続されるので、接続されたら下記コマンドを実行します。

下記のようにtasksテーブルが表示されました。

下記コマンドでカラムを確認します。

下記のように出力されれば成功

終わりに

今回は、Railsにおける基本的migration機能について記載していきました。
次回は、コントローラについて記載していきたいと思います。

以上です。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です