GeneXusのビルドプロセスの概要

公式サイトに明記されていませんが、おおまかに以下の流れでGeneXusはビルドの処理を実行しています。

  1. パターン適用
  2. DBの分析
  3. DBの再編成
  4. オブジェクトの分析
  5. プログラムの生成
  6. コンパイル

2と3については、テーブルに影響を及ぼす変更がある場合のみ実行されます。
5のプログラムの生成は、4のオブジェクトの分析が全て完了した後に実行されるのではなく、分析が完了したところからプログラムが生成されています。

「すべてリビルド」を実行した場合、オブジェクト数やオブジェクトのコード量に比例して、4と5の処理時間が長くなります。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です