項目属性のNull許容時の注意点

項目属性をNull許容に設定後、トランザクションが生成した画面からのみデータを登録/更新する場合には問題ないのですが、該当の項目属性をプロシージャで登録/更新する場合には注意が必要です。

プロシージャで以下のコーディングを行った場合、YがNull値だとしてもXには空文字が代入されます。

Xに空文字ではなくNull値が代入されるようするには、公式wikiに記載されているようなコードを記述します。

GeneXus Wiki – Handling Nulls with GeneXus
https://wiki.genexus.com/commwiki/servlet/wiki?15691,Handling+Nulls+with+GeneXus,

Null許容の項目属性が多い場合には結構手間がかかるので、Null許容の項目を最小限にすることをお勧めします。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です