GeneXusでのモバイルアプリの開発

一般的にスマホやタブレットで動作するモバイルアプリを開発する場合、大きく3つの開発形態に分類できます。

  1. Webアプリ型
  2. ハイブリットアプリ型
  3. ネイティブアプリ型

この中でデバイスの機能を最大限活かせる「ネイティブアプリ」をGeneXusは生成することができます。

GeneXusはiOSとAndroidの両方に対応しており、共通的に開発を行える部分もあります。
ただし、iOS/Androidのどちらかにしか存在しない機能を使う場合は、GeneXusでもそれぞれ用に作り込んでいく必要があります。

GeneXusはバージョンアップの度にスマートデバイス向けの機能を大きく拡充しており、今後も目が離せません。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です