データプロバイダーでの条件式の記述方法

GeneXusの公式wikiにデータプロバイダーの条件式の記述方法があまり見当たらないので、備忘のためにも残します。

環境

GeneXus 15 Upgrade 12

単純な条件式

最もシンプルなIfのみの条件式を実現するには、下記のように記述します。

If…Elseの実現

If…Elseを実現するには2通りの書き方があります。
1つ目はIIf関数を使用した記述です。

もう一つはトランザクションの式(formula)で記述する条件式のように、セミコロンとOtherwise節を使用した方法です。

動作上は問題なかったのですが、突然文法が変わるので後者は違和感がありますね。

Do Caseの代替

Do Caseコマンドのように複数の条件式を実現するには、IIf関数を駆使することで実現できます。

エクセルのIF文と同じように入れ子にして記述していくため、条件式が多いと非常に見づらくなってしまいます。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です