再編成ファイルの自動保存エクステンションのご紹介

トランザクションの項目属性名の変更やインデックスオブジェクトの変更などが発生した場合、GeneXusはDBの再編成を行います。
再編成のプロセスは、まずDBの定義を変更するためのSQL含む再編成ファイルを生成し、そのファイルをGeneXus付属のユーティリティが読み取り、実行します。
開発環境以外のDBに対して同じように再編成を実施するには、上記の再編成ファイルが必要になりますが、ビルドの度に再編成ファイルが上書きされてしまうため、「保存し忘れて消えてしまった!」ということが多々あります。
この問題を解決してくれるエクステンションをご紹介します。

KBSaveReorganization エクステンション

GeneXusにはGeneXus IDEの機能を拡張する「エクステンション」というのものがあります。
エクステンションはGeneXus Marketplaceというサイトで、個人のエンジニアやベンダーが提供しています。

GeneXus Marketplace
https://marketplace.genexus.com/home.aspx?,en

今回ご紹介する「KBSaveReorganaization」エクステンションは、DBの再編成が発生すると、再編成ファィルをターゲット環境のディレクトリに別名で保存、及び、別名で保存したファイルを自動的にファイルオブジェクトとして登録してくれます。

ターゲット環境のディレクトリに出力された再編成ファイル

ファィルオブジェクトに自動的に登録された再編成ファイル

エクステンションを導入するだけで再編成ファイルのバックアップが自動化され、さらに2重にバックアップしてくれるので安心です。
また、これだけの機能が無料で利用できるので、非常に重宝しています。

GeneXus Marketplace – KBSaveReorganization
https://marketplace.genexus.com/product.aspx?kbsavereorganization,en

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です