コピーレコード機能やグリッド内での編集機能の仕様

WorkWithPlusには既存のレコードを参照して登録画面を開く機能(コピーレコード)や、一覧画面上のグリッド内でデータを編集可能にする機能があります。

グリッド編集機能の例

これらの機能が数クリックで作成できるので非常に重宝しますが、いくつか注意する仕様があるので投稿します。

共通の仕様

どちらの機能も有効化にあたり、トランザクションの Business Component プロパティを”True”にする必要があります。

コピーレコード機能の仕様

コピーレコードの操作時には、DBのテーブルにレコードは挿入されません。
新規登録画面の各入力項目に値がセットされた状態として表示されますので、実行ボタンを押下しない限り、データは登録されません。

また、コピー対象は最上位のレベルの全項目属性になります。
下位のレベルの項目属性はコピーされません。

グリッド内での編集機能の仕様

編集可能な項目は、グリッドに表示されている項目属性のみになります。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です