WorkWithPlus 11のプリセールス向け説明会に参加してきました

先日ジェネクサス・ジャパン社主催のWorkWithPlus 11のプリセールス向け説明会に参加させていただきましたので、知り得た情報を共有させていただきます。

WorkWithPlus 11は今年の6月末に日本でリリースされたWorkWithPlusの最新のバージョンです。
説明会で新機能をいくつかご紹介していただきましたが、その中でも以下の3点に注目しています。

  1. テーマのインポート機能の強化
  2. テンプレートやデザインの強化
  3. 帳票レイアウトのサポート

テーマのインポート機能の強化

WorkWithPlus 10では初回のテーマの選択時に、大まかにレスポンシブタイプかどうか、中心となるカラーをどれにするか、というのを選択していましたが、11ではそれらに加え、セキュリティ機能、メニューのレイアウト、マスタページのデザイン、多言語対応などをウィザード形式で設定していきます。
WorkWithPlusの利用経験がない方には、導入しやすくなったのではないかと思います。

テンプレートやデザインの強化

WorkWithPlus 11ではホーム画面として利用するダッシュボードや最近Webサイトで見かけるカード形式のテンプレートが追加されました。
また、デザイン自体もスタイリッシュな感じに仕上がっていました。

帳票レイアウトのサポート

これまでWorkWithPlusとしては帳票出力機能はありませんでしたが、本バージョンからサポートされるようになりました。
テンプレートとして予めレイアウトも用意されております。
帳票のレイアウト定義は他のオブジェクトとは異なるため、学習コストが発生していましたが、トランザクションやWebパネルと同様に、テンプレートの選択後にWorkWithPlusのインスタンス上で調整するという流れになるようです。

WorkWithPlusでのPDF帳票の作成

おわりに

WorkWithPlus 11をインストールした環境がないので試せていませんが、是非とも今後使ってみたいです。
最後にWorkWithPlusで作成された公式のサンプルサイトがございますので、ご紹介します。

DVelop Software – WorkWithPlus Sample
http://www.workwithplus.com/example 

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です