複数のデータストアの用途

GeneXusではデータストアを複数設定することができます。

複数のデータストアを設定した画面

新規にトランザクションを作成して項目属性を定義すると、Defaultのデータストアに設定されたDBを自動的に参照します。
トランザクションにはデータストアを指定するプロパティはありません。
データストアを指定できるオブジェクトは、データビューのみです。
Default以外のデータストアのDBを参照するには、データビューとトランザクションを連携させます。

次のようなケースで複数のデータストアを活用できます。

  • 既存のDBと連携する場合
  • 他KBが作成したDBを参照する場合

データストアには異なるDBMSが混在できるのも、マルチプラットフォームに対応したGeneXusの長所の1つではないでしょうか。

 

システム開発のご相談はこちらからお気軽にお問合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です